セミナー情報

東京音楽療法協会主催第28回スキルアップ講座「音楽療法の化学反応2 -セッションにおける即応性とは-」(対面:豊島区)講師:高橋和奈枝先生・加藤美知子先生・木下容子先生

音楽療法士さん向けセミナー情報

概要

前回のテーマは「音楽療法の化学反応 ~多様な参加者、多様な音楽~」であり、音楽もクライエントも多様な現場でどのように工夫して提示するかという内容であった
今回は、「音楽療法の化学反応2 ~セッションにおける即応性とは~」をテーマとして、対面式のみで開催
音楽療法士は事前に考え、計画を立ててセッションに臨むが、実際の場では目論見通りにいくとは限らない
反応が有無や意外な反応に都度面食らうのではなく、即対応する、できることこそ、音楽療法士としてのスキルの見せどころである
今回の会場は普通の会議室であるため楽器が使えないため、ピアノやキーボード以外の楽器伴奏の一部もお伝えする

日時

2024年8月31日(土) 13:30~16:45

会場

としま区民センター 505会議室 (東京都豊島区東池袋1丁目20−10)

講師・内容

高橋 和奈枝 先生:長野医療衛生専門学校
「子どもの即応性~指で歌おう、トランポリンで奏でよう~」

加藤 美知子 先生:ゆうらいふ世田谷、千代田区障害者福祉センターえみふる)
「高齢者/知的障害者とともに~バッハからビートルズまで~」

木下 容子 先生:東邦音楽大学
「認知症高齢者との関わり方~症状の進行に合わせて、柔軟に~」

(3名とも日本音楽療法学会認定音楽療法士)

参加費・定員

非会員 2,000円

定員は22名(定員になり次第締め切り)

音楽療法用楽器 ”良くなる子”

音楽療法用楽器 ”良くなる子”は、ソニフルが開発したオリジナル楽器です。

【特許第6528337号、一般社団法人日本リハビリテーション工学協会主催の『福祉機器コンテスト2021 機器開発部門』にて、優秀賞を受賞】

高齢の方や認知症、麻痺、拘縮などハンデをお持ちの方でも演奏しやすい、鳴子をモチーフにした新しい楽器です。

コンセプトは「これまでうまく演奏できていなかった方に、音楽を届ける

音楽療法や音楽レクで本楽器をご使用いただくことで、こだわりのデザインと品質により参加意欲が湧き、簡単な演奏方法で「私にも演奏できた!」という達成感を得られる事で、医療・介護・福祉の現場でQOLや自尊心の向上が期待される【音楽のチカラ】を最大限に引き出します

商品詳細については、ソニフルウェブサイトを御覧ください。

良くなる子の詳細はコチラ