セミナー情報

桜林記念音楽療法研究会 第271回定例研究会「対面講習会」情報交換会・事例検討・コロナ禍における口の働きの低下について:甲谷至先生(対面:国立市)

音楽療法士さん向けセミナー情報

内容

(1)11:00~11:45

・情報交換会(この時間はポイント対象外)

(2)11:50~12:00

・事例検討「うつ病A氏へのハンドベルを使用した音楽療法的関わり」 町田 享子 先生

・講師:武部 敦子 先生 : 桜林記念「音楽療法研究会」会長 

(3)13:00~16:30

・コロナ禍における口の働きの低下について~楽しく歌って元気な顔を取り戻そう~

  • ①コロナ禍のマスク生活で低下した口の機能について
  • ②オーラルフレイルにおける口の機能低下について
  • ③音楽活動でどのような機能維持向上が期待できるか
  • ④オーラルフレイルに特化した内容と音楽療法の関係について
  • ⑤歌唱活動前後の唾液分泌量の変化について

・講師:甲谷 至 先生 : 歯科医師、神奈川リハビリテーション病院歯科口腔外科、日本障害者歯科学会認定医、日本口腔リハビリテーション学会認定医、日本音楽療法学会認定音楽療法士

日時

2024年6月23日(日) 11:00~16:30

会場

スペース コウヨウ 国立 : 東京都国立市中1丁目15−2 向陽ビル

参加費

非会員 5,000円

定員・申込期限

20名程度

2024年6月10日(日)まで

音楽療法用楽器 ”良くなる子”

音楽療法用楽器 ”良くなる子”は、ソニフルが開発したオリジナル楽器です。

【特許第6528337号、一般社団法人日本リハビリテーション工学協会主催の『福祉機器コンテスト2021 機器開発部門』にて、優秀賞を受賞】

高齢の方や認知症、麻痺、拘縮などハンデをお持ちの方でも演奏しやすい、鳴子をモチーフにした新しい楽器です。

コンセプトは「これまでうまく演奏できていなかった方に、音楽を届ける

音楽療法や音楽レクで本楽器をご使用いただくことで、こだわりのデザインと品質により参加意欲が湧き、簡単な演奏方法で「私にも演奏できた!」という達成感を得られる事で、医療・介護・福祉の現場でQOLや自尊心の向上が期待される【音楽のチカラ】を最大限に引き出します

商品詳細については、ソニフルウェブサイトを御覧ください。

良くなる子の詳細はコチラ